【バイオノ有機s】のトップページへ戻る
バイオノ有機sインデックスページ
「バイオノ有機s」のご案内
「バイオノ有機s」の肥料規格について
「バイオノ有機s」価格とご注文方法
「バイオノ有機s」ご使用農家の声
「バイオノ有機s」よくあるご質問
「バイオノ有機s」お客様から
肥料の原料構成
肥料の製造工程
成分内容とその特性
施肥の考え方
大成農材株式会社-社長挨拶
大成農材株式会社-会社概要
バイオノ有機s WEBサイトのサイトマップ
バイオノ有機sに関するお問い合わせ
「バイオノ有機s」トップページへ
サンフーロンへ


バイオノ有機s 施肥の考え方         

注)  水稲、一発元肥の稲作、水稲有機育苗
 果菜類(きゅうり、なす、トマト、メロン、西瓜、いちご)
 果樹類(梨・桃、リンゴ、ぶどう、みかん、梅)
 そ の他 花卉(菊、バラ、カーネーション、トルコギキョウ 等) 茶
 などについて、更に詳しい 栽培指針は 通販部へご請求下さい。

1.バイオノ有機sによる 施肥設計は、ごく簡単です。

バイオノ有機sの 施肥量と 施肥時期は、慣行の施用法と同じで OKです。
水田稲作での施用例
○施用量の決め方…… チッソ成分量が 慣行施肥のチッソ成分量と 等量になるように、
バイオノ有機s の施用量を決めます。
チッソ リン酸 カリ
 慣行区 元肥(化学肥料14-14-14) 40kg [成分量 5.6 5.6 5.6]
穂肥(化学肥料14-18-12) 10kg [成分量 1.4 0.8 1.2]
 バイオノ有機s区 元肥(7.2-4.0-2.5) 80kg [成分量 5.76 3.2 2.0]
穂肥(7.2-4.0-2.5) 20kg [成分量 1.44 0.8 0.5]
注) バイオノ有機s区のリン酸 及び カリ 成分が、慣行区と較べて少ないが、通常は、補給する必要はありません。
○施用時期…………… バイオノ有機s区の 元肥 及び 穂肥 とも、原則として、
慣行区 と同じ 時期 に施す。

2.水稲に対する施肥

(イ) 一般的な施用法………… 元肥(田植え前) 及び、穂肥(出穂前30日頃) の2回施肥。
施用量 及び 時期は、慣行法に準ずる。
(ロ) 一発元肥施肥…………… 10a当り バイオノ有機s 4袋(80kg)〜5袋(100kg)
水稲の品種、水田の土質、目標収量などによって施肥量を加減する。
(ハ) バイオノ有機s のみで稲作をすると、どんな品種の米でも、その米本来の味がでて、本当に美味しい 艶のあるお米が収穫できます。食するたびに幸せを感ずるほどのお米が穫れます。(収穫した農家の 自慢のタネになります。)

3.果菜類(トマト、いちご、なす、きゅうり等) への施肥

(イ) バイオノ有機sの施用は、元肥重点とし、10a当り
トマト、いちご 等で………7〜 10袋 (140 〜200kg)
なす(長期穫り)……………… 30袋 (600 kg)
きゅうり(長期穫り)…………… 20袋 (400 kg)
を標準にお考え下さい。
定植の1週間くらい前までに施用する。直前でも、よく土壌と混和すれば、問題ありません。
定植初期の生育が やや遅れる感じで、葉色が淡緑となるので、肥料の効きが悪いと勘違いして、化学肥料を追加すると失敗するので 注意してください。
(ロ)
追肥は、 いずれの作物についても 1回につき 10g当り
バイオノ有機s 3袋 (60kg) を標準に施用して下さい。
根当たりしないので、畝間よりも、マルチをはぐって、株元や、畝の表面に振り込んで下さい。(直後の潅水はしないこと。) 穴肥としても有効です。

4.果樹類(りんご、梨、桃、温州みかん等) への施肥

(イ)  バイオノ有機sを果樹園に施肥(全面散布)すると、
@  土壌微生物や、ミミズが著増し、土壌の団粒化が進みます。
A  果樹の根張りがよくなる結果、元肥にやると、翌春の新芽が太く出る。
B  葉色が艶のある淡緑色を保ち、やや小型で強剛に育ちます。
C  花色が鮮やかで、大きく咲きます。
D  果実の肥大がよく、しかも、着色が早まり、糖度が増すと共に確実にコクのある旨味が増します。
(ロ) 施肥時期 と 施用量 は 10a当り
りんごの場合 元肥(4月) 7〜8袋 140 160 kg)
追肥(8月) 2〜3袋 40 60 kg)
秋肥(11月) 3袋 60 kg
梨・桃の場合 元肥(9〜10月) 5〜7袋 100 140 kg)
春肥(3月) 2〜3袋 40 60 kg)
夏肥(6月) 1〜2袋 20 40 kg)
温州みかんの場合 春肥(2/下〜3/下) 10袋 200 kg
夏肥(6月) 3袋 60 kg
秋肥(11月) 7袋 140 kg
を標準にお考え下さい。

5.茶園への施肥 10a当り(成木園)

春肥 (2月末) 10〜8袋 (200〜160kg)
(3月末) 10〜8袋 (200〜160kg)
夏肥 (一茶後) 10〜8袋 (200〜160kg)
秋肥 (8/下) 10〜8袋 (200〜160kg)
(9/中) 10〜8袋 (200〜160kg)
初年度は 年間50袋(1000kg)、第2年目からは、40袋を目安にして下さい。

6.花卉園芸(菊、バラ、カーネーション 他)への施肥

慣行施肥チッソ量に、バイオノ有機sのチッソ成分量を合わせて、施肥量を決めて、施してください。
初期生育が徒長せず、葉色が淡緑色で艶があり、茎軸が太く、葉形が中庸で厚みがあり、日持ちのよいものが収穫できます。
花色が鮮明で、色ボケがなく、健やかに育ちます。
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2005 TAISEINOUZAI Co.,ltd. All Rights Reserved.